主婦がカードローンでキャッシングするにはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは専業主婦とパート主婦それぞれのキャッシング方法を解説していきます。

 

主婦本人に収入があるかないかで手続きが違う

2010年に改正貸金業法が施行され総量規制が導入されたのはご存知かと思います。
借金が原因で破産する人を増やさないようにすることを目的とした法改正でしたが、今まで借り入れできていた金融機関から借りられなくなったため、ヤミ金など違法な業者に手を出してしまう人が増えてしまいました。
その中でも収入がない専業主婦が借りたいけど借りれない状況になってしまったため、違法業者に手を出してしまう事が多くなりました。
このような事があり、総量規制の導入は主婦にとって痛い法改正になってしまいました。

「じゃあ主婦はキャッシングを諦めた方が良いの?」
なんて思う方も多いかもしれませんが、安心してください。
主婦でも借り入れできる方法がきちんと用意されています。

主婦がキャッシングと一口に言っても、今の自分が置かれている状況によって最適な借入方法があります。
大きく分けて3つのタイプに分かれます。

1つ目は本人に収入がなく配偶者の同意が得られない、2つ目に本人に収入がないけど配偶者の同意は得られる、3つ目にパート勤務などで本人に収入がある。
それぞれのタイプに適した借入方法があります。
1つ目と2つ目は主に専業主婦の方、3つ目はパート主婦の方が当てはまります。

 

専業主婦がキャッシングする方法

専業主婦が借入する方法は主に2つの方法があります。
配偶者の同意も得られない場合は、銀行カードローンを選びましょう。
総量規制により収入がない人は基本的に借入が出来ません。
しかし銀行からの借入は総量規制の対象外となりますので、本人に収入がない専業主婦でもお金を借りる事が出来ます。

そしてもう1つは配偶者の同意が得られる場合です。
この場合は銀行カードローンと配偶者貸し付けの2種類から選ぶことが出来ます。

個人が借り入れできるのは年収の3分の1までと、総量規制によって制限がかけられています。
しかしこの総量規制は貸金業者に適用される法律であり、銀行は対象外となります。
ですから専業主婦でも銀行からであれば融資を受けることが出来ます。

但し銀行ならどこのカードローンでも借りれる、というわけではありません。
貸出の条件は銀行ごとに違いますので、融資条件に本人に収入があることと規定している場合は、そこではお金を借りることは出来ません。

専業主婦が銀行カードローンで借りるには配偶者に安定収入があることが条件となります。
安定収入とは毎月の収入がほぼ一定であることと捉えて問題ありません。
但しアルバイトやパートだと安定収入と認めない銀行もありますので、よく条件を確認してください。

銀行カードローンで借入する場合、配偶者の同意書は基本必要ありません。
申し込みに必要な書類は本人確認書類のみでOKです。
但し銀行によっては収入証明書の提出を条件にしているところもあります。
その場合は、配偶者の収入証明書を提出することとなります。
収入証明書は源泉徴収票、給与明細書、課税証明書、確定申告書などがあります。
給与明細書は毎月受け取っているでしょうから、一番手っ取り早いかと思います。
但し、給与明細は直近2,3ヶ月分が必要になりますので注意してください。

専業主婦向けに貸し付けを行なっているのは主に大手の銀行ですから、初めてキャッシングする方も安心です。
融資金額は多くても50万円程度で打ち切りとなりますので、あまり高額な借入は出来ません。
銀行カードローンによっては自動融資機能など便利なサービスを付帯しているところもありますので、その辺りも比較しながら検討すると良いでしょう。

審査では在籍確認を行ないます。
配偶者の職場に電話連絡を行ない、配偶者が本当に申し込み時に記載した職場で働いているのかを確認します。
電話は個人名でしますが配偶者が電話に出た場合はカードローンの申し込みをしていることがバレル可能性があります。
在籍確認はどのキャッシング会社でも必ず行ないますので、これを省略して借入するということは出来ません。

次に配偶者貸し付けについて見ていきましょう。
個人の年収の3分の1を超える貸付は出来ないとするのが総量規制です。
あくまでも収入があることが前提となる規制のため、そもそも収入がない人は借入することすら出来ません。
しかしこの総量規制には例外規定があります。
それは、本人と配偶者の合わせた年収の3分の1以下までなら借入OKというものです。
これを配偶者貸付といいます。

本人に収入がなくても配偶者に収入があればお金を借りる事が出来ます。
専業主婦にとって嬉しい貸付制度ですが、残念なことにこの配偶者貸付に対応している業者は極僅かとなります。
まずCMなどでもお馴染みの大手消費者金融はどこも対応していません。
今のところ、規模の小さないわゆる中小サラ金の一部で配偶者貸付を扱っています。
また配偶者貸付を利用するには用意しなければいけない書類が多く、市町村役場にて発行する必要がある書類もあり手続きが面倒です。

申し込みに必要な書類は、配偶者の同意書・収入証明書・婚姻関係証明書(住民票など)・本人確認書類となります。
配偶者貸付を行うのは中小サラ金ですので金利は高めになります。
また借入限度額は年収の3分の1以下までとなります。

銀行カードローンにしても配偶者貸付にしても共通して言えるのは旦那に内緒で借りるのはほぼ無理と言うことです。
旦那に内緒で借りたい方が大半かと思いますが、手続内容を見る限りでもかなりの確率で旦那にバレルでしょう。
配偶者貸し付けの場合は旦那の同意書が必要となりますので、先ず内緒で借りるということは無理です。
銀行カードローンの場合ですと同意書等は必要ありませんが、在籍確認のために旦那の職場に電話連絡がいきます。
旦那が席を外していたり他の人が電話応対すればバレないかもしれませんが、その可能性もかなり低いです。
またカードローン契約をすると自宅に郵送物が届きます。
大手消費者金融なら郵送物を一切なしにすることが出来ますが、銀行ですとそれも難しいです。
いずれにしてもバレル可能性は大きいですから、利用するならキチンと話し合ってからのほうが後々トラブルにもならずに済むのではないでしょうか。

 

パート主婦がキャッシングする方法

パート勤務している主婦やアルバイトをしている主婦の方は、銀行カードローン、消費者金融のどちらからもお金を借りる事が出来ます。
専業主婦に比べ幅広く選択できる上に、審査通過の可能性も高くなるので有利といえます。
金利の安い業者を選ぶことも可能ですから、自分が希望する条件に当てはまるカードローンを探してみると良いでしょう。
本人に収入があるため、配偶者の同意を得る必要もありませんので、より気軽に利用することが出来ます。

金融機関によっては主婦の方は利用不可としているところもありますが大手消費者金融ならほぼほぼ大丈夫です。
消費者金融からの借入の場合は総量規制の関係上、借入限度額が制限されますので注意しましょう。
例えば年収が100万円の方であれば最高でも33万円までしか借りることは出来ません。

パート主婦がカードローンに申し込む上で心配となるのが審査です。
審査に通らないことには借入は出来ませんから、審査通過の条件を出来るだけ満たしている必要があります。
ではどのような人が審査に通りやすいのか、また逆に審査に落ちやすい人はどんな人なのかを解説していきます。

審査で特に重要視される項目は返済能力と信用力です。
お金を借りるからには返さなければいけません。
しかも利息を付けて返しますので、それも含めて十分な資力があるのかを審査で判断します。
信用力とは、顧客が本当に約束通りお金を返してくれるのか、信用できるの人間なのか指します。
信用力は信用情報を基に判断します。

返済能力を見極める上で重要な判断材料となるのが収入と勤続年数、更には他社借入状況です。
収入がないことには返済できませんから当然ですが、ここではその収入に安定性があるかをチェックします。
毎月きちんと給料を得ているか、月によって貰える金額に波がないか、この2つを基に安定性があるかを判断します。
毎月収入があり金額もほぼ一定額であると安定していると見なされやすく審査も有利となります。

勤続年数は長ければ長いほど安定していると言えます。
1つの職場で長く働き続けていれば辞める可能性が低く、将来的にも安定して収入が見込めると言えます。
パート勤務が短い方や、頻繁に職場を変えているようですと安定しているとは言い難いです。

収入が安定していても他社借入が多いと審査通過は難しくなります。
上述したように、消費者金融からの借入は年収の3分の1までとなります。
例えば年収100万円で既に他社で30万円の借り入れをしている場合、新たにキャッシングすることは出来ません。
また他社借入があると返済できない可能性が高くなるので、審査は慎重になります。
既に他社から借り入れしている場合はある程度覚悟しておくと良いでしょう。
因みにクレジットカードのキャッシング枠も審査ではチェックされますので注意してください。

信用力は信用情報を基に判断します。
信用情報とはローンやクレジットの利用履歴のことで、どのローンに申し込んだのか、借入残高はいくらなのか、返済はきちんとしているか、遅滞は無いかといったローンやクレジットのあらゆる情報が記録されています。
返済を一度でも遅滞すると事故情報として記録されます。
事故情報があるとキャッシング会社は信用出来ない人と判断します。
ですからこの事故情報がある人は審査通過はかなり難しくなると思ってください。

 

パート主婦はなら旦那に内緒でキャッシング可能

パート主婦は本人名義で申し込みをするので、旦那や家族にバレないでキャッシング可能です。
具体的な方法としては大手消費者金融の自動契約機を利用します。

インターネットで申し込みを行ない、審査通過後に自動契約機にて契約手続きを行ないます。
契約が完了するとその場でローンカードが発行されます。
自動契約で手続きすれば郵送物が自宅に送られてきませんので、家族バレの心配がありません。
注意する点があるとすれば、返済の遅滞です。
返済しないでいると督促状が届きますので返済日は必ず守りましょう。